calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

categories

無料
無料
無料






archives

大山倍達マニアック検定

【レビュー】小島一志著「黒澤浩樹―最後の超人伝説」(1993年)

JUGEMテーマ:空手
 

 と言う事で、肘部管症候群になってて薬指とか小指が麻痺してたんですが、だいぶ良くなったので更新です。

 今回はですね、電子書籍が出たので小島一志さんの1993年の著書「極真空手 黒澤浩樹 ―最後の超人伝説―」を紹介しようかと思います。

黒澤浩樹1.jpg

 今も昔も、現役選手の評伝が出るというのは極めて珍しいのですが…というか、極真に関して言えば、現役時代に出た本はこれが唯一かも、というくらい珍しい本ですね。






東京・池袋の武道具専門店 ブドウショップ



フレッツ光で最大106,000円キャッシュバック実施中!

【レビュー】ジャン・ジャービス著"Kurosaki Killed the Cat"(2010年)

JUGEMテーマ:空手
 

 はい。 えー今回はですね、先日触れたら反響が大きかったあの本を紹介したいと思いますw
 
kurosaki_killed1.jpg

 という事で、ジャン・ジャービス先生の"Kurosak Killed the Cat"という自伝本です。 何でこんなタイトルなのかは後述しますが、Kurosakiというのは黒崎健時先生ですね。






東京・池袋の武道具専門店 ブドウショップ



フレッツ光で最大106,000円キャッシュバック実施中!

【レビュー?】二宮城光著「静かなる闘志」(1992年)

JUGEMテーマ:空手
 

 さて、今月は腰痛の事もあって、自宅ではあまり机に向かわずに自堕落してました。

 今回はですねぇ、結構昔からやらなきゃなーと思ってた、極真の第10回全日本王者で現在は円心会館館長の二宮城光先生の自伝「静かなる闘志」を紹介します。

静かなる闘志1.jpg

 本書は1991年にアメリカで出版された"My Journey in KARATE"(二宮城光/エド・ゾレンスキー共著)をベースに日本向けに翻訳して福昌堂から92年に出版された、という事になっています。 なので奥付にはちゃんとゾレンスキー氏の版権表記もあります。 確か今は新装版が出てるみたいですが、そっちは未確認なのですが、その後の活動とか増えた支部とか、何か追加されてるかも知れません。

静かなる闘志2.jpg
原著の英語版






東京・池袋の武道具専門店 ブドウショップ



フレッツ光で最大106,000円キャッシュバック実施中!

【レビュー?】大山茂監修「ザ・カラテ1〜3」(1989年)

JUGEMテーマ:空手
 

 今回は「月刊フルコンタクトKARATE」で連載されていたワールド大山空手の大山茂先生と大山泰彦先生の技術シリーズの総集編である、「ザ・カラテ」3部作を紹介しようかな、と。
 「ザ・カラテ」と言ってもタダシ山下とは関係無いです。 …でもあっちも3部作か…あら偶然w いやまぁ、3冊目は正確にはタイトルが「USA大山空手 ザ・トータルパワー」ですけど、便宜上、「ザ・カラテ」3部作と呼びます。

ザ・カラテ1.jpg






東京・池袋の武道具専門店 ブドウショップ



フレッツ光で最大106,000円キャッシュバック実施中!

【レビュー】「ビバ! 極真カラテ 誰も書かなかった舞台裏」(1986年)

JUGEMテーマ:空手
 

 現在、ちょっととあるネタの調査中でして、まだ多少の時間は必要でしょうが、進行中です。 まぁ、いずれ披露出来るかと思いますがw

 でもって、今回はですね、1986年に出版された「ビバ! 極真カラテ 誰も書かなかった舞台裏」を紹介致します。

ビバ極真カラテ.jpg

 本書は90年代に流行った「○○のひみつ」みたいなもんですかね、あるいは「プロ野球を10倍楽しく見る方法」とか。 好評だった為か、後に続編が登場したので現在は「Part 1」という呼称が付いています。






東京・池袋の武道具専門店 ブドウショップ



フレッツ光で最大106,000円キャッシュバック実施中!

【レビュー】渡邊一久著「幻の大山道場の組手」(2013年)

JUGEMテーマ:空手
 

 どうも、GW早々風邪引いて寝込んでましたw
 まぁ、私の近況はさておき…今回は極真会館の前身、大山道場で生え抜きとしては初代師範代となる渡邊一久先生の著作「幻の大山道場の組手」を紹介したいと思います。

幻の大山道場の組手.jpg

 編集は、今この手の本を出すならここしかない、フル・コムですね。
 「渡邊(渡辺)先輩」の名前は以前より大山道場時代の諸先輩方から出ていましたが、メディアに登場したのは「格闘Kマガジン」が最初でしたっけ、以来、山田英司編集長の独占的な形で取材に答えられて来ましたが、ようやく1冊の本になった、という感じです。






東京・池袋の武道具専門店 ブドウショップ



フレッツ光で最大106,000円キャッシュバック実施中!

【レビュー】黒崎健時&ジョン・ブルミン共著"KYOKUSHINKAI KARATE"(1967年)

JUGEMテーマ:空手
 


 先週Twitterの方では既に入手のご報告をしましたが、今回はその本についてレビューしようかと思います。
 その本というのは、黒崎健時先生とジョン・ブルミン先生の共著で1967年にオランダで出版された"KYOKUSHINKAI KARATE"の1と2ですね。 国内のみならず海外でも殆ど出回らない1品なので、同書の存在自体すら知らない人の方が多いかもです。

kyokushinkaikarate1.jpg






東京・池袋の武道具専門店 ブドウショップ



フレッツ光で最大106,000円キャッシュバック実施中!

【レビュー?】「痛快無比! ケンカ十段 芦原英幸読本」(1998年)

 JUGEMテーマ:空手




 どーも、最近X箱コントローラを入手して、久々にPCゲームで遊んでるLeoです。
 
 今回は知人からとある写真についてリクエストがあったので、1998年に出版された「ゴング格闘技」のムック「痛快無比! ケンカ十段 芦原英幸読本」を紹介します。

芦原英幸読本1.jpg






東京・池袋の武道具専門店 ブドウショップ



フレッツ光で最大106,000円キャッシュバック実施中!

【レビュー?】「ゴング格闘技増刊 カラテ名勝負DIGEST 100」(1991年)

JUGEMテーマ:空手
 

 このブログも今月で3年目突入ですねぇ。 先月は月刊PV数が初の5万越え、ユニークで2万7千人の方が来訪した事になってます。 利用しているJUGEMブログの実測データは3ヶ月しかログが残らないので正確なアクセス総数は不明ですが、外付のカウンターだと累積54万。 実測データの傾向から誤差修正すると70〜80万くらいになるのかな、極めて狭いテーマのブログなんですが、これだけ多くの方が来るとは思っていませんでしたw 来訪者の皆様には感謝、感謝です。
 でもまぁ、検索数で一番多いのは「木村政彦」なんですけどねw

 という事で今回は1991年に「ゴング格闘技」(以下「ゴン格」の別冊として発売された「カラテ名勝負DIGEST 100」を紹介致します。

karatedigest100_1.jpg






東京・池袋の武道具専門店 ブドウショップ



フレッツ光で最大106,000円キャッシュバック実施中!

【レビュー?】深沢茂樹著「いつの日か 男は狩人」(1980年)

JUGEMテーマ:空手
 


 えー、「日大の龍」を扱ったら、「城西の虎」を扱わないといかんでしょうw
 という事で、1980年に出版された添野義二先生の評伝、「いつの日か 男は狩人」を紹介します。 添野先生の自伝や評伝はいくつかありますが、出版はこれが最初ですね。 そして極真としてはこれが最後でした。


いつの日か男は狩人1.jpg
続きを読む >>






東京・池袋の武道具専門店 ブドウショップ



フレッツ光で最大106,000円キャッシュバック実施中!





| 1/2PAGES | >>