calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

categories

無料
無料
無料






archives

大山倍達マニアック検定

ある日の極真会 7 (近代カラテ 1967年11月号)

JUGEMテーマ:空手
 年末だからという訳では無いかと思うんですが、最近忙しい上、風邪を引いているので先月16日に途中まで書いていた分を更新します。

近代カラテ1967_11.jpg

「空手ニュース」 海外から
・オーストラリア支部の審査会
 今年の春にオーストラリアで指導を開始した加藤重夫指導員が、この度審査会を催した。
 審査会では加藤指導員とアイブン・ザベチャーノ氏が審査を行い、その結果が本部に送附され、二段位1名、初段位1名、昇級者は21名が認可された。

・ライフ誌に載った中村忠指導員
 この程、「ライフ」誌にアメリカの空手の近況が載った。 その中でも極真会館の中村忠指導員が載っており、氏の活躍の成果と言えるだろう。

大山茂中村忠196711.jpg
ニューヨークの合宿: 中村指導員と左の後ろ姿が大山指導員

・ヨーロッパ空手チャンピオンシップ優勝のイギリス極真会館チーム
 イギリス極真会館のボブ・ボルトン支部長の便りによれば、先頃行われた全ヨーロッパ空手チャンピオンシップに、ボルトン支部長、スティーブ・アニール支部長も加わってチームを編成し参加した結果、チーム優勝とその他にも多くのトロフィーを獲得し、非常に良い成績を収めたという。

イギリス極真会196711.jpg
イギリス極真会館

・オランダ極真会館からの留学生
 オランダ極真会館ジョン・ブルミン五段の弟子である、ジャン・カレンバッチ氏が本郡で修行する為に来日する予定である。 氏はオランダでは二段として活躍している。

・グアム島からの留学生
 昨年、テッド・タオタオ氏が極真会館本部に来館、みっちり稽古を積んで帰国し、現在グアムに道場を建てて指導している。 その内の一人、メルビン・B・アンタラン氏が10月中旬に来日して、本部で厳しい稽古に没頭している。
 当初は短期間の修行だったのだが、本部の稽古を見て1年位稽古をしたくなって、現在ビザの変更申請中との事。

・海外からの留学希望目白押し
 極真会館は、近年中に国際空手専門学校を設立するだろう。
 と言うのは、大山倍達館長が長年に渡って蒔いてきた外国の種が芽を出し、留学希望者が殺到しているからである。
 これらの留学は、極真会館が海外からの多くの留学生に対処する設備や組織を造り直さなくてはならない事を物語っている。

「空手ニュース」 国内から
・極真会館秋期昇級昇段審査会
 10月1日、今年度の秋期審査会が催された。 100名を超す受験者が道場に溢れ、大山館長並びに諸先輩方、そして中国拳法の大家澤井健一先生がゲスト審査員として出席された。

大山倍達澤井健一196711.jpg
大山倍達館長と澤井健一先生

 又、多くの見学者が訪れていたが、特に米軍朝霞キャンプからの見学者が目立った。中にはベトナムからの帰還兵がおり、懐かしそうに見ていた。 内一人は、大山館長がアメリカに渡った初期に親切に遇してくれた人で、ベトナムでの戦いを終えて帰国の途中に大山館長との再会を果たしたので有った。

「この人に聞く」 第19回
 アルジェリア空手留学生 ライシュ・ヴェロニス氏

ヴェロニス.jpg

 松濤館フランス支部で空手を学び、大山館長の本を読み留学を決めた。 現在は極真会館で二級。

極真会館本部
秋期審査会を開催
 ニュースでも伝えた通り、極真会館本部道場では近郊支部からの参加者を交えて、本年度2度目の秋期昇段昇級審査会を開いた。 審査会は、極真会館では原則として春と秋に行われている。

審査会196711.jpg


「新しい武士道」第11回
文:歌人 草壁焔太

「古武道の研究(お留武術について)その1 示現流兵法」
文:松田鉦

「近代カラテ 誌上教室」 第4回

「空手と禅」 第3回
文: 極真会館館長 大山倍達

「武道と空」 第10回
文:作家 森川哲郎

「美容教室」第1回
女性美について

「私の道程」第16話
文:極真会館館長 大山倍達

「国の目」
見くびられたか空手家
文:大山国良
 先日、某レコード会社の若い女性流行歌手が極真会館に訪れ、3日間で空手を教えてくれと言ってきた。 大山館長は3日でマスターは無理だが、ちゃんと修行すればテレビで恥をかかぬ程度には出来ると答えたところ、入会せずに帰った。
 ところがそれから1週間経ったある日、週刊誌やテレビでその女性が黒帯を締めて空手の演武をしていたという話。
 

 本当は「空手バカ一代」の続きを書く予定でしたが、忙しいのと体調が悪かったので、ちょっと先延ばしします。
 今回もあんまり解説はいらない気がしますが、「国の目」について書いてみます。 すぐに「クニの目」と改題するんですが、「現代カラテマガジン」でも連載していたので、知っている方は多いかも知れませんね。 執筆されているのは大山国良という方で、名字は大山総裁と同じですが、血縁関係はありません。 元々はボクシングをやられた様ですが、田園コロシアムでの大山総裁と闘牛・雷電号との対決を見て入門されたそうです。 もう亡くなられたと聞きますが、70年代までは本部に顔を出されていました。

 ところで、先々のネタ用に、「空手バカ一代」でブルース・リーの師として登場する方の本を始め、15冊程買い込んでみましたw
 私が留学していた90年代でもこの方の本は何種類か書店で見掛けていたのですが、空手以外にも柔道、合気道、太極拳、サバット等の技術書を書いていたので、あまりにも胡散臭く、スルー気味で購入するのは初めてです。
 まぁ、元ネタシリーズでその内書くと思いますが、この先生が極真の有段者だったという記録が見付からないんですよね。 見ているのは73年の有段者名簿なんですが、そこには名前が無い。 で、60年代に出した空手の技術書を購入してみる事にした訳です。
 この辺りのネタは早くても来年2月以降に書く予定です。2月末頃に、ホットトイズのブルース・リー・アクション・フィギュアが手元に届くはずですので、入手後にテンションを上げて書きたいと思いますw

3204-12.jpg
【ムービー・マスターピース DX】 『燃えよドラゴン』1/6スケールフィギュア リー

 ちなみにこのフィギュア、出来が素晴らしく眼球まで動くみたいです。 私はブルース・リーは好きですが、マニアでは無いので、原著以外は殆ど持っていません。 ビデオも20周忌だったと思いますが、ワーナー・ブラザーズが出したセットのビデオぐらいしか持ってません(最近ブルー・レイで欲しいと思ってる)。 しかし、このフィギュアの剃り跡まで再現した精巧さに惹かれ、思わずネットでポチってしまいましたw その後数日で予約出来なくなっていたので、ラッキーだったと思います。

 それでは、また。

 
参考文献:
近代カラテ 1967年11月号

参考リンク:
【ムービー・マスターピース DX】 『燃えよドラゴン』1/6スケールフィギュア リー





 






東京・池袋の武道具専門店 ブドウショップ



フレッツ光で最大106,000円キャッシュバック実施中!





コメント
執筆、おつかれさまです。

国内審査ですが、67年10月は盧山初雄氏や山崎照朝氏が弐段を允許されていると昇段名簿に載ってました。当時の両氏はまだ若手ですから、近代カラテに取り上げられるほどではなかったのでしょうか?

体調を崩してるようですが、お体をご自愛ください。では。
  • 新参者
  • 2010/12/10 4:48 AM
芦原英幸氏の本部指導員時代の記事はないのでしょうか?
  • やいや
  • 2010/12/12 7:54 AM
>新参者さん
「近代カラテ」は主に出来事について記載されており、あまり個々の人物については取り扱っていません。
廬山先生に関してはこの何度か登場します。 山崎先生は、「現代カラテ」になってからの記事を持っていますので、その内紹介します。

>やいやさん
芦原先生は1966年の末まで本部指導員を務め、翌年の春に四国へ派遣されましたので、記事はあるかも知れません。
ただ、「近代カラテ」にあまりクローズアップされていない可能性もあります。
四国の話なら、この後何度か登場しますし、特集記事もありました。
次の「ある日の極真会」でも演武会ともう一つ、有名なエピソードの元ネタが登場する予定です。
  • Leo
  • 2010/12/12 3:40 PM
この号で書かれている全ヨーロッパ空手チャンピオンシップはEKU(WUKO傘下)主催のものだと思います。
1970年代前半のブラックベルト誌を見ましたが、当時ヤン・カレンバッハ、ブライアン・フィトキン師範はヨーロッパ空手界の実力者として認められていた様です。
強さの根拠となるEKU、WUKOでの大会実績 があった様です。
ヤン・カレンバッハ師範が全ヨーロッパ大会(1974年)で優勝していた事は既に知っていましたが、ブライアン・フィットキン師範も1976年のヨーロッパ王者(階級はカレンバッハ師範と同じ+80キロ級)となっていました。
  • 四十路
  • 2011/05/14 3:44 AM
フィットキン師範は第三回世界大会(WUKO)団体戦優勝チームの一員でもある様です。スティーブ・アニール師範が
優勝チームのメンバーを肩車し、満面の笑みを浮かべている姿が印象的です。フィットキン師範は飯田紀彦師範と戦いドローだったとも書かれていました。寸止めの達人だったとは・・・意外に思う極真ファンは多いのではないでしょうか。
  • 四十路
  • 2011/05/14 4:04 AM
他に、ナカン・ニーグレン、ロブマン兄、アラン・セトロークといった選手がEKUの大会に出場していた事がわかりました。
アラン・セトローク師範は(元極真支部長?)、いわくつきの大会(第二回世界大会)で団体戦優勝のフランスチームの一員だという事もわかりました。
leoさんは既にご存知の事だったと思いますが、敢えて書かせて戴きました。
  • 四十路
  • 2011/05/14 4:13 AM
誤解を招くおそれのある記述がありました。フィットキン師範が飯田紀彦師範と戦ったと思われるのは、第三回世界大会ではなく第一回世界大会(1970年開催)です。

大山館長が著書で「wuko王者のルートホフは、我が極真門下生である」と書かれていたと記憶していますが、同時代に活躍したjohn reeberg(欧州王者・wuko世界三位)もブラックベルト誌に「ルック・ホランダー門下生」と記述されていました。
  • 四十路
  • 2011/05/14 11:42 AM
ナカン・ニーグレン師範が寸止め空手ルールの組手を披露した姿が映されている映像がyoutubeに投稿されているのを発見しました。sweden新極真会勢がwkfルール?の大会に参戦している映像も発見しました。

追加ですが、極真時代のヤン・プラスもヨーロッパ選手権(1974年)に参戦していました。
  • 四十路
  • 2011/05/14 11:58 AM
ブライアン・フィット師範、大山館長の著書「わがカラテ日々研鑽」の中で、キックボクシングにアルバイト的に参戦している事が書かれていました。大山館長は「筋書き通りに負け役を演じていた」と書かれていました。

長々と書き込んで、すみません。
今後も楽しみにココを拝見させて頂きます。
  • 四十路
  • 2011/05/14 12:27 PM
>四十路さん
これは大量の書き込みありがとうございます。
ヨーロッパは以前から余所の大会に出場している選手が多いですね。
カレンバッハ先生は「ブラック・ベルト」で3回くらい連続でヨーロッパ空手家ランキング1位になっていましたし、そこには必ずフィットキン先生も出ていました。 フィットキン先生もイギリスで本を出されていましたが、まだ入手していませんねぇ。
ルートホフ氏については元門下という話を聞いてるんですが、まだ細かく調べた事は無いです。
濃い話は大歓迎ですので、また宜しくお願い致します。
  • Leo
  • 2011/05/14 6:20 PM
ヤン・カレンバッハ師範がちょっかいを出したであろう
女性も確信が持てました。
  • 四十路
  • 2011/05/15 12:57 AM
興味深い映像を発見しました。デンマーク在住の松涛館流空手家が投稿したと思われる映像なのですが、佐藤勝昭師範VS東谷巧師範の模範組手演武(1976年)、いわくつきの松涛館全デンマーク大会?もっと規模の小さい大会? (1976年)、田中昌彦師範の演武ありのshotokan cup(1977年)の映像等がyoutubeに挙げられていました。
  • 四十路
  • 2011/05/15 2:43 AM
>四十路さん
マニアックに追求されていますねw
出来れば面白そうな映像はURLも一緒に下さいw
海外のコレクターももっと色々映像があると思うんですけどね…。 ウィリアム・オリバー先生が優勝した大会とか見たいものです。
  • Leo
  • 2011/05/15 4:14 PM
私も観たいです!
  • 多聞天
  • 2017/06/27 6:24 PM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック