calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

categories

無料
無料
無料






archives

大山倍達マニアック検定

【レビュー?】「日本伝承武芸流派読本」(1994年)

JUGEMテーマ:格闘技全般
 


 えー今回は…Twitterで武道のお話してたら、何かそっち系の記事を書きたくなって来たので、新人物往来社の歴史読本シリーズの別冊より「日本伝承武芸流派読本」を紹介してみます。

 古武道は専門という訳じゃないんですが、流名とかだけやたら知ってるのは、こういうのを読んでるからですw
 個別流派の本はそんな読んで無いんですけど、総合的な本はそこそこ持ってたり。 技術論も好きですが、私のポリシーですね、大から入って小に至る、という事で掘り下げ前にまず全体を見たいという。

日本伝承武芸流派読本.jpg





 まぁ、それはいいとしてまずは目次から。

第一部古流武芸総覧―流祖・歴史・技法・理合        *配列は順不同

■古武道とは何か                加来耕三

素手による武芸
◆小具足・捕縛
竹内流柔術(捕手腰廻)        相伝家十三代目        竹内籐十郎
柳生心眼流            十世            武藤正雄

日本伝承武芸流派読本1.jpg

◆拳法
荒木流拳法            第十七代宗家        菊池邦光
◆柔術
天神真揚流柔術            師範家            久保田敏弘
諸賞流和術            六十八代宗家        高橋厚吉
関口新心流柔術            第十三代宗家        関口芳夫
大東流合気柔術(宗家)        宗家代理        近藤勝之
大東流合気柔術(琢磨会)        琢磨会総務長        森恕
本體揚心流柔術            第十八代宗家        井上剛宗俊

道具による武芸
◆剣術(一)

天真正伝神道流系(神道流・新当流・示現流・天流)        中井一水
中条流系(中条流・富田流・一刀流・東軍流)            中井一水
陰流系(陰流・新陰流・タイ捨流・直心影流)            戸部新一郎
戦国の諸流派(二天一流・神夢想林崎流・吉岡流)        中村整史朗
江戸初期の諸流派(雖井蛙流・無住心剣・心形刀流・無外流)    杉田幸三
幕末の諸流派(心形刀流・北辰一刀流・神道無念流・鏡新明知流)    戸部新十郎

日本伝承武芸流派読本3.jpg

◆剣術(二)
鹿島神当流剣術            第六十五代宗家        吉川常隆
示現流兵法            第十一代宗家        東郷重政
小野派一刀流剣術        十七代宗家        笹森建美
一刀流溝口流剣術        全会津剣道連盟会長    好川忠
柳生新陰流兵法剣術        第二十一世宗家        柳生延春
タイ捨流剣術            十三代宗家        山北竹任
雖井蛙流平法            第二十代師範        山根幸恵
心形刀流剣術            亀山演武場五代目師範    小林正郎
北辰一刀流剣術            宗家五世        小西重治郎
神道無念流剣術            免許皆伝        小川武
立身流兵法            第二十一代宗家        加藤高
鞍馬流剣術            宗家            柴田鐵雄
◆居合術
林崎夢想流居合術        第十七代宗家        奥山観禅
無雙直傳英信流居合術        二十一代        関口高明
伯耆流星野派居合術        師範            庭田義穂
水鷗流居合剣法            十五代宗家        勝瀬善光
信抜流居合剣法            第十八代宗家        川瀬元一

日本伝承武芸流派読本2.jpg

◆槍術
宝蔵院流高田派槍術        代表            西川源内
尾張貫流槍術            第十三世継承者        加藤伊三男
◆薙刀術
天道流薙刀術            第十六代宗家        美田村武子
揚心流薙刀術            宗家代理        重本博
戸田派武甲流薙刀術        十九代宗家        新田寿々雄
◆棒術
無辺流棒術            十六代師範        井上十三夫
竹生島流棒術            十七代宗家        松浦良夫
◆棒術その他

琉球古武術            保存振興会会長        井上貴勝
◆杖術
神道夢想流杖術            杖心会主宰・師範        松井健二
無比無敵流杖術            平磯の杖術保存会会長    根本平三郎
◆鎖鎌術
二刀神影流鎖鎌術        第六代宗家        島村収

日本伝承武芸流派読本4.jpg

飛道具による武芸
◆弓術

小笠原流弓馬術        弓馬術礼法小笠原教場三十一世    小笠原清忠
武田流騎射流鏑馬        宗家師範        竹原陽次郎

日本伝承武芸流派読本5.jpg

◆砲術
陽流砲術            十五代家元        尾上大筒城祐
関流炮術            第十一代宗家        関正信
◆手裏剣術
根岸流手裏剣術            第五代宗家        齋藤聰
白井流手裏剣術            宗家            白上一空軒

その他の武芸
◆忍術 
                           戸部新十郎
◆馬術
大坪流馬術                        新井英生
八条流馬術                        新井英生
武田流弓馬術            正当師範        金子家教

日本伝承武芸流派読本7.jpg

◆水術
小堀流踏水術            師範            猿木恭経
岩倉流水術(泳法)            第十代目宗家        湯川節雄
山内流水術            顧問            可児雄二
水府流水術            水府流水術協会会長    荒川汪

第二部武芸者の異種試合(読み物)

薙刀×剣    梶原長門×塚原卜伝            新井英生
剣×槍        上泉伊勢守×宝蔵院胤栄            永岡慶之助
鎖鎌×剣    宍戸某×宮本武蔵            中村整史朗
弓×槍        菊岡宗政×宝蔵院胤栄            井口朝生
剣×弓        斉藤伝鬼房×桜井霞之助            戸部新十郎
振出剣×木刀    村上権左衛門×樋口又七郎        新井英生
杖×剣        夢想権之助×宮本武蔵            野村敏雄

日本伝承武芸流派読本8.jpg

第三部武芸名人列伝 ―その修行・稽古・境地

◎射る
通し矢「天下一」―和佐大八郎(吉田流竹林派弓術)        渡辺誠
尾張の"弓豪"―星野勘左衛門(吉田流竹林派弓術)        渡辺誠
◎乗る
馬乗り名人―細野一雲(八条流馬術)                渡辺誠
"三絶"の一人―斉藤主税(大坪本流馬術)            渡辺誠
◎突く
無敗の槍―高田又兵衛(宝蔵院流槍術)            渡辺誠
土佐の"三絶"―多賀安右衛門(杉山流槍術)            渡辺誠
◎切る
煩悶の剣客―小出切一雲(無住心剣術)            甲野善紀
日蓮宗の僧となった―山内蓮真(平常無敵流平法)        渡辺誠
◎抜く(居合)
土佐の料理人―林六太夫(長谷川流居合術)            渡辺誠
水戸の居合―和田平助(新田宮流居合術)            渡辺誠
◎撃つ
尾張藩鉄砲頭―大沢無手右衛門(稲富流砲術)        渡辺誠
稲富流の祖―稲富一夢(稲富流砲術)                渡辺誠
◎組み討つ
魔法の縄掛け―竹内久吉(竹内流柔術)            羽生道英
楊柳が当流の理―関口弥太郎(関口流柔術)            新井英生
◎投げ・打つ
水戸の手裏剣―海保帆平(上遠野流手裏剣術)            井口朝生
手裏剣の名手―黒河内伝五郎                甲野善紀

第四部現代に生きる古武道―継承者は語る―修行・体験談
剣に学ぶ―柳生新陰流第二十一世宗家・柳生延春
        「剣の道は心が大切」
槍に学ぶ―佐分利流第十一代宗家・川瀬元一
        「槍は切るをもって心髄とす」
薙刀に学ぶ―天道流範士・榊田八重子
        「薙刀修行は掃除・洗濯から…」

【マンガ明治格闘技物語】
治五郎の夢―講道館柔道×警視庁柔道            子安啓吾

■古武道と現代剣道の比較                    柴田鐵雄



 打ち慣れない名称が多くて、これだけで疲れましたw
 戸部新十郎氏のとこだけ一カ所名前が間違ってたんですが、なるべく原文のまま書く為、そのまま残してます。

 本書は作家以外にもその流派の関係者…多くは宗家が寄稿して自流を紹介してますので、その流派に伝わる伝承が載ってます。
 流派の特色についても書かれてますので、その辺りをチェックして実際の映像を見てみると、より理解が深まるかと思います。
 また、面白い事に、武術以外にも水術や馬術といった流派も載っており、興味がそそられますね。

日本伝承武芸流派読本6.jpg

 第二部の異種試合は…ここはちょっと混載していますが、小説仕立ての読物と資料から検証を交えた読物が載っています。 特に検証を交えた方は割としっかり書いてあるので、読み応えあるかと。

日本伝承武芸流派読本9.jpg

 間に嘉納治五郎の講道館柔道の漫画を挟んで第三部。 本稿は各テーマに沿った武勇伝やその生涯について書かれてます。
 個人的にはあまり知らない話も多く、非常に興味深かったですね。 どうしても剣術や柔術がテーマになる事が多いので、勉強になります。

 そして第四部、伝承者による体験談ですね。 教育的要素の強いお話が多いですが、興味を惹かれたのは佐分利流槍術の川瀬元一先生ですかね。 大日本武徳会での異種試合の話とか、九尺の槍を自分の体とすべく、槍を持ち歩いた話は面白かったです。

 最後に…まぁ、結構前のページに載ってるコラムですが古武道と現代剣道の違い。 目標や状況などによって変化した部分を、簡潔ですが書いてありました。

 本書の作りの都合上、全体的に大雑把なレビューとなりましたが、古武道に興味のある人には、初心者から専門家まで、持っておいて損は無い一冊じゃないでしょうか。


 と言う事で、「日本伝承武芸流派読本」でした。
 この新人物往来社の歴史読本はファンも多いと思いますが、興味があるテーマの時はツボにはまりますね。
 他にも武道や格闘技系の読本がありますので、その内紹介する事もあるでしょう。
 目次で結構燃え尽きたので、あっさりした記事になっちゃいましたが、中身は目次で知れ!という感じなので、ま、いいかw
 今回はここまで。 それでは、また。


参考文献:
別冊歴史読本 読本シリーズ7 日本伝承武芸流派読本 新人物往来社 1994年










東京・池袋の武道具専門店 ブドウショップ



フレッツ光で最大106,000円キャッシュバック実施中!





コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック