calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

categories

無料
無料
無料






archives

大山倍達マニアック検定

【極真マニアックス】小川俊一コレクション 「サイン」編

JUGEMテーマ:格闘技全般
 







 と言う事で、「小川俊一コレクション」第3弾!! 「八王子にあのサインが実在した!!」です(嘘)。

 いやまぁ、今回は小川道場を主宰されている小川俊一先生のコレクションの中から、サインをテーマとして紹介したいと思います。

 まず最初はこちらから。
 1969年から「冒険王」で連載された梶原一騎先生原作、つのだじろう画の自称"日本一コンビ"第1弾の「虹をよぶ拳」ですね。 梶原先生はこれ以前にも大山倍達総裁や極真空手について書いたりモチーフにしたりしてたんですが、連載物で極真をモデルにしたのはこれが最初になります。 そんな両名のサインの入った色紙はかなーりレアなんじゃないでしょうか。 というか、昔総本部で見た以外は知りませんw

 虹拳サイン.jpg

 「梶原一騎の世界」編でも紹介しましたけど、1971年より「週刊少年マガジン」で連載が開始された梶原&つのだコンビの「空手バカ一代」、つのだ先生のサイン。 誰もがハッピーだった時代でした。

空バカポートレート.jpg

 そして1973年の「空手バカ一代」第4部「昭和武蔵編」から作画を担当された影丸譲也先生と、添野義二先生のサイン!
 第5回全日本大会後に新たなる挑戦をする添野先生がタイに行った時のお話ですね。 これは原画という事なので、凄い貴重ですね。

影丸譲也サイン2.jpg

 そして、これはファンレターの返信ですかね。 影丸先生直筆。

影丸譲也サイン.jpg

 影丸先生の色紙2種。 左は彩色してないバージョンもあるので、印刷した色紙に彩色してサインしてるのかな。 右は連載終了後暫く後ですかね。
 余談ですが、影丸先生の絵が欲しくて某格闘技雑誌が芦原英幸先生の特集をやって原画をゲットしたという公私混同な噂を聞いた事がありますw 雑誌「月刊武道★空手」の編集長も影丸先生に「拳王」を連載して戴いた縁からか、芦原先生の原画(サイン入り)を持ってたなぁ…w

影丸譲也サイン色紙.jpg

 んで、これは貴重! NETの「ワールドキックボクシング」のサイン4連発!
 山崎照朝、添野義二、増沢潔の各選手の物。

ワールドキックサイン3.jpg

ワールドキックサイン1.jpg

ワールドキックサイン2.jpg

 ここからは暫く梶原一騎ネタに関わるサインを立て続けに出してみます。
 1919年にボクシング世界ヘビー級王者となった、"拳聖"ジャック・デンプシーのサイン。
 全然関係無いですが、以前デンプシーが書いた軍隊格闘術の本を買った時に、サインがしてあって、一瞬デンプシーのサインか? と思ったんですけど、どうも購入した人の署名でした…w

ジャック・デンプシーサイン.jpg

 これはレア! "赤サソリ"タム・ライスのサインw
 ライスのサインもブロマイドも、あまりメジャーな選手じゃなかったせいか、あまり見付からないっす。 大山総裁が渡米した1952年頃はタッグ屋としての方が有名なんじゃないかな。
 ベルトを巻いてるけどピンで写ってるので、何度か取ってるローカルなヘビー級タイトルでしょうか。

タム・ライスサイン.jpg

 これはグレート東郷のサインっすね。 「常に幸福をお祈りしています」(意訳)とありますが、"always"まで書いてる人はあまりいない気がするので、礼儀正しいというか、アメリカンな言い回しすると中々スイートですw こういうのを見るとグレート東郷の一般的な世評である「銭ゲバ」臭が全然しませんね。

グレート東郷サイン.jpg

 "日本プロレスの父"、力道山のサイン!
 力道山のサインって縦に書いてるのは凄い独特で右から左下に斜めに書いてるのは何度も見ましたけど、真っ直ぐ下に書いてるのは珍しい気が。

      力
   道


 力道山の縦書きサインは大体こんな感じのサインですw

力道山サイン.jpg

 これも貴重っすね、国際プロレス団時代の木村政彦先生のサインw
 この時代のサインはどれだけ現存しているのやら…。

木村政彦サイン.jpg

 そして1977年より「週刊少年マガジン」で連載が開始された梶原先生原作、中城健先生作画「四角いジャングル」で最初は主人公だった赤星潮を、急遽現実で演じる事になった高桑満弥先生の「赤星潮」署名入りのサインw
 そしてマス大山空手スクール通教生名義の物。

赤星潮サイン.jpg

高桑満弥サイン.jpg

 そして梶原夫人、高森篤子氏のサイン。 ちょうど最近出た「ドラゴン魂」というムックに梶原邸探訪の記事があって、篤子氏が出てたのを読んだ直後に見せて戴いたサインだったので、何か奇縁に笑ってしまいました。

高森篤子サイン.jpg

 では、最後に極真シリーズw
 まずはスタンダード? に芦原英幸先生のサインですが…極真時代の物はやっぱり貴重。 在籍当時から人気のある方でしたので、数は結構あると思いますが、極眞會と書かれたのは少ないかもです。

芦原英幸サイン.jpg

 前も紹介しましたが、「カラテいのち」に登場する頭山初男としてサインしてますけど、廬山初雄先生と同じく主人公の御子神勇児のモデルである岡崎寛人先生直筆の御子神勇児サインw

カラテいのちサイン入り.jpg

 で、その廬山先生が丁度伸び盛りで本部指導員になる頃に本部に空手留学で日本に来て、後にヨーロッパ地区連盟委員長となるルック・ホーランダー先生のサイン。 「極真魂」(極真精神の方がいいかな?)と書かれてるのがいいっすねぇ。

ルック・ホーランダーサイン.jpg

 これはある意味レアな気がしますけど、大山総裁存命時から数々の役職を歴任され、昇級昇段審査では大山総裁と共に見守られていた三宅進先生のサイン。
 本部の近くにある婦人之友社の社長でもありました。 現在でも宗家の委員長を務められています。

三宅進サイン.jpg

 んで、大山総裁の義弟、藤巻潤氏のレコードとサイン。 俳優や歌手として有名ですが、極真で二段を允許されており、アクションシーンもこなしておりました。

藤巻潤サイン.jpg

 1983年の第15回全日本大会覇者、チャンピオン製造工場と呼ばれる城西支部所属の最初の王者である大西靖人先生のサイン…亡くなられる2年前ですかね。
 引退後は紆余曲折を経て新進党の岸和田市市会議員となり政治家の道を歩みました。 非常に面白い人だった様で、城西支部では数々の伝説を残しているw

大西靖人サイン.jpg

 1984年の第16回全日本2位、本部内弟子出身の竹山晴友先生がキックボクサーとなってからのサイン。 1987年“龍虎の対決"と呼ばれた鈴木秀男選手との試合のですね。

竹山晴友サイン入りポスター.jpg
 
 大山道場で指導員を務めていた石橋雅史先生の大山道場名義のサイン。 本名で石橋雅美とあり、「大山道場」とあるのがポイントw
 
石橋雅美サイン.jpg

 そして藤平昭雄先生のサイン2連発。 1つは新格闘術とあるので現役時代ですかね。 もう1つは大沢食堂閉店時に小川先生がゲットして来た、3つの異なる名義でのサインw
 それぞれ大山道場時代、プロボクサー時代、キックボクサー時代の名前によるもので、それを見ていた空手道古書連盟の総裁も同じ物を貰ったそうですw
 それにしても色紙にある「努力」という文字がこれほど似合う方もそうそういないでしょう。

大沢昇サイン.jpg

大沢昇サイン2.jpg

 ここからは大山総裁特集っす!!
 まずは大山総裁のサイン色紙2種。 「空手バカ一代」連載中と連載終了後で「空手バカ一代」「空手一代」と変化しているのが地味に細かくて好きっす総裁w
 
大山倍達サイン3.jpg
 
 1959年出版の改訂版"What is Karate?"サイン入り。 まだ本部ビルが出来る前の物なので、「日本空手道極真会」とあるのがポイントですね。

大山倍達サイン2.jpg

 最後はコレ!
 1958年出版の"What is Karate?"初版のサイン入り!
 当時「プロレス&ボクシング」を出版していたベースボール・マガジン社への贈呈本というのがまず素晴らしいw 何度か大山総裁も記事になってますしね。
 そして、「日本空手道極真会 大山道場」のゴム印入りなのが素晴らしいっす!

大山倍達サイン1.jpg



 と言う事で、小川俊一コレクション第3弾、サイン編でした。
 まぁ、知る限り、サインはまだまだ全然紹介出来てないっすねw
 いやぁ、それにしても眼福眼福。
 小川先生には感謝感激雨嵐ですw

 今回も小川先生が下記アイテムを探しているそうですので、お譲り可能で金額交渉の出来る方、以下 ご連絡用窓口 までご連絡下さい。 寄付大歓迎w
 
以下お探し物(サイン)
・遠藤幸吉
・ボビー・ロー
・ヤン・カレンバッハ
・ジャック・サンダレスク
・田原敬三
・椎柱
・極真時代、目白ジム及び黒崎道場時代の黒崎健時
・極真時代の大山茂、大山泰彦、三浦美幸、アンディ・フグ
・その他、著名な指導者、選手の極真時代のサインや色紙、葉書、手紙等

 
(多分)もう2回ほど、この深淵なる極真の世界にお付き合い下さいw

 極真空手道連盟極真館・城南品川支部長・金子雅弘先生、ご協力ありがとうございました。

極真館・東京城南大井町支部道場 (2014/02/11)
金子雅弘のブログ (2014/02/11)

関連リンク:
【極真マニアックス】小川俊一コレクション 「梶原一騎の世界」編
【極真マニアックス】小川俊一コレクション 「極真カラテ Part1」編
影丸穣也「空手バカ一代」インタビュー(1998年〜2004年)
大山倍達著 ”What is karate?”
幻の極真ジム 1(1969年)



 






東京・池袋の武道具専門店 ブドウショップ



フレッツ光で最大106,000円キャッシュバック実施中!





コメント
渡辺一久先生のブログに伝説の春山一郎氏が写っている写真があります。
  • 元・道場生
  • 2015/02/12 2:44 PM
小川さまは
ここに掲載されているものを
所有されておられるのでしょうか!?
凄いことです。感服!
  • tama
  • 2015/02/13 1:50 AM
>元・道場生さん

前に渡邊先生の所の関係者?の方が行っておられた写真の話ですね、椿山荘の演武会の。

>tamaさん

全部所有されていますw
  • Leo
  • 2015/02/15 11:50 AM
自分は生前のソウ寧柱先生にお世話になった際、先生から先生の署名入りの、先生が私淑されていた石原完爾大将(の考え?)を紹介した本をいただいております。
ソウ先生の思い出の品なので、申し訳ありませんがお譲りすることはできませんが、大切に保管していきたいと思っております。
  • 通りすがりのマニア
  • 2015/02/16 7:24 PM
>通りすがりのマニアさん

おお、それは素晴らしい。 沈萓犬僚靆召話罅耕気い任靴腓Δ。
「石原完爾研究」ですかね。
数は多く無いですが、私も何冊かは石原完爾関係書を読みましたw
  • Leo
  • 2015/02/18 7:14 PM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック