calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

categories

無料
無料
無料






archives

大山倍達マニアック検定

【極真マニアックス】小川俊一コレクション 「極真カラテ Part3」編

JUGEMテーマ:空手
 








 と言う事で、今回で一応の完結となりますが、小川道場主宰の小川俊一先生のコレクション第5弾! 「極真カラテ Part3」編をお送りします。
 前回までのコレクションはコチラをご覧下さい。
 





 まずはこちらから。 大山倍達総裁時代の支部長の名刺と神奈川支部のカレンダー兼予定表。 和気嘉兵衛先生(1981年死去)、小嶋幸男先生(1996年死去)、渡辺十也先生(2013年死去)と、いずれも故人…合掌。


支部長名刺.jpg

 で、こちらが大山総裁の名刺。 時代によって変化する為、何パターンもあり、また名刺交換の機会も多かったでしょうが、意外と手に入りません。 門下生に配りませんしね…w

総裁名刺.jpg

 これは大山総裁の御会葬御礼と葬儀式次第。 智弥子夫人の密葬には参加させて頂きましたが、総裁が亡くなられた時はアメリカにいたので、密葬にも会館葬にも出席出来ませんでしたが、私も持ってます。

総裁の会館葬.jpg

総裁の会館葬2.jpg

 さ、話題を変えて…1976年、極真会館からの年賀状ですかね。 基本的に近況報告です。

1976謹賀新年.jpg

 1981年の大山総裁からの暑中見舞。

1981暑中見舞.jpg

 で、こっちは本部からの1982年の暑中見舞。

1982暑中見舞.jpg

 そしてこれは素晴らしい、1984年の年賀状ですが、大山総裁の直筆です(直筆の印刷?)。

1984謹賀新年.jpg

 ここからはお宝・マニアック度が上がりますw
 「現代カラテマガジン」の住所印…真樹プロダクションに移ってからですね。

現代カラテマガジン住所印.jpg

 そして極真会館の住所印各種w 一見同じに見えてもフォントが違いますw

極真住所印.jpg

 これは貴重! 「怪力法」の若木竹丸先生へ送られた「近代カラテ」「現代カラテ」の封筒w
 前にも書きましたが、第三種郵便で送っているので、本誌は折り目が付いたのが多いんですよね。 これを裏付ける証拠でもあるw 数年前に若木先生の所から色々出たのがありましたけど、その1つかな?

若木竹丸宛封筒.jpg

 で、大山総裁の贈呈本送り状。 ちなみに本には贈呈印が付いて来る筈。 手元に1冊だけサイン無し贈呈本がありますが、贈呈印がありました。

贈呈本送り状.jpg

 そして、この送り状に使われているのと同じデザインの便箋!w 未使用かな? まだページが残ってる貴重品です!

便箋.jpg

 これは貴重ですね、1971年の勢力図。 名前は知っていてもお顔が分からない当時の幹部の方が知りたくて、本部委員の所の画像をいくつか追加で戴きましたw

1971年組織図.jpg

 そして、1972年と73年の極真会館カレンダー! 最初にカレンダーを発行したのは1967年ですが、これをコンプリートするのは不可能に近いでしょう…w
 しかし73年はせっかく丑年なんだから、表紙は牛殺し関係の絵を入れて欲しかったかもw バチが当たるかなw

1972年カレンダー.jpg

1973年カレンダー.jpg

 そしてコレ! 実物が現存してるとは思わなかった歴史的逸品、トレーニング・チケット!
 これは何かと言いますと、1968年、不定期参加の門下生に対して(恐らく外国人門下生がメインかな)、月額の道場使用料では無くてチケット制を導入した時のチケットです。 毎回参加する時にこのチケットを受付で渡して参加していたんでしょうね。 この時期だと、道場使用料が3000円前後だったかなぁ。
 15枚綴りのチケットが3000円、30枚綴りのチケットが5500円でした。 いやぁ、眼福眼福。
 この殆ど知られていないチケット制ですが、その後、マス大山空手スクールの渋谷スクーリング道場でも採用されていました。 当時としてはかなり斬新なシステムじゃないでしょうか。

トレーニングチケット2.jpg

トレーニングチケット1.jpg

 さて、こちらは添野道場の入門誓約書。 画像では分かりづらいかと思いますが、キックボクシング用のコースなども書かれており、添野道場らしさが満載です。



 そして、入門したら貰えるのがこれ、会員証w

添野道場会員証.jpg

 ちなみにこちらは芦原道場の入門誓約書。

芦原道場入門誓約書.jpg

 総本部入門誓約書2種。 もっと種類があるかと思います。 中には本部で貰って、そのまま入門を断念した方もいるんじゃないでしょうか。 ちなみに私の場合は大会パンフに付いてる入門誓約書を切って使うという非常にエコな支部でしたw

総本部入門誓約書.jpg

総本部入門誓約書2.jpg


 そして入門すると貰えるのが会員証ですね。 青が級、金が段の会員に送られます。 80年代にはこの会員証になっていた筈ですが、実際にはいつからなんですかね。 実物は見た事無くても「ニセモノにご注意!」という極真の偽物への注意喚起を呼びかける記事などで見た事ある人もいるかと。

総本部会員証.jpg


 おまけw 今シリーズ後戴いた画像の内、いくつかご紹介w
 「続・秘伝 極真空手」の宣伝用小冊子。 前作でも同じタイプのを作っていた模様ですが、こちらは未所有みたいですw

続秘伝極真空手広告.jpg

 「地上最強のカラテPart2」の未カットフライヤーとチケット!!w

地上最強のカラテ2フライヤー未カット.jpg

地上最強のカラテ2チケット未カット.jpg

 1970年、第2回全日本大会優勝者、長谷川一幸先生直筆の、当時の参加申込書!
 まぁ、実際に提出した物では無いんですが、ご本人に書いて頂いた物みたいです。 歴史的なお宝ですね。

1970第2回全日本大会申込書(長谷川一幸).jpg


 という事で、約1ヵ月間続けて来た「小川俊一コレクション」! 如何でしたでしょうか?
 極真会館51年目の今年のオープニングに相応しいお宝の数々を快く開示して頂いた小川道場の小川俊一先生には感謝です。
 まだ凄いお宝とかもあるんですけどね、とりあえず胸の内に秘めておこうかなw あ、極真ネタ以外でも凄いコレクションあるんですよ。 こちらもいずれ紹介する機会が来るかも知れませんね。

 

 ちなみに小川先生が下記アイテムを探しているそうですので、お譲り可能で金額交渉の出来る方、以下 ご連絡用窓口 までご連絡下さい。 寄付美味しいですw
 
以下お探し物
・上記以外の古い名刺(支部長、役員等)
・年賀状:76、82、83、94以外
・暑中見舞い:82、84、86、93以外
・寒中見舞い:93以外
・秘伝極真空手の宣伝用小冊子
・画像以外の未使用便箋
・カレンダー:72、73、78、79、80、84、87、92、93以外
・地上最強のカラテ2以外の未カットフライヤーとチケット
・お中元礼状:84、86、88年以外
・本発売のお知らせハガキ:「わが師 大山倍達」以外
・極真年鑑 贈呈本送り状:84、88、89年以外
・贈呈本送り状:「強くなる東洋食のすすめ」以外
・入門誓約書:上記以外
・会員証:上記以外
・勢力図カレンダー(世界):70、71大、80大、89大、93大以外。 84小、93小、94小以外
勢力図カレンダー(日本):84小、85小、94小以外



 極真空手道連盟極真館・城南品川支部長・金子雅弘先生、ご協力ありがとうございました。


極真館・東京城南大井町支部道場 (2014/02/07)
金子雅弘のブログ (2014/02/07)

関連リンク:
【極真マニアックス】小川俊一コレクション 「梶原一騎の世界」編
【極真マニアックス】小川俊一コレクション 「極真カラテ Part1」編
【極真マニアックス】小川俊一コレクション 「サイン」編
【極真マニアックス】小川俊一コレクション 「極真カラテ Part2」編
極真空手のレア物
ある日の極真会 12 (近代カラテ 1968年6月号)








東京・池袋の武道具専門店 ブドウショップ



フレッツ光で最大106,000円キャッシュバック実施中!





コメント
私は“大山倍達”と書いたサイン色紙なら持ってます(笑)
  • やいや
  • 2015/02/26 6:41 PM
いつもありがとうございます。
1979年以前の大山空手は
夢と憧れの対象そのものでした。
(その後、実体験したものは、
あまりに現実的なものでしたが;苦笑)
掲載されている数々の資料を見ていると
血が騒ぎます!!
感謝感謝
  • tama
  • 2015/02/26 10:05 PM
増田先生がまだ支部長だった頃、八王子道場で小川師範に教えていただいた者です。
小川師範は面倒見が良く、稽古後に良く食事に連れて行ってもらいました。
後輩みんなからも慕われていて本当に素晴らしい先輩でした。いまでも尊敬しています。
そんなに小川師範が今だに極真空手を愛している事が本当に嬉しいです。押忍!
  • 小川師範の弟子
  • 2015/03/01 5:17 AM
国際空手専門学校!
  • masa
  • 2015/03/04 5:27 PM
>やいやさん

ちなみに私は一応大山総裁のサインの漢字と英語版を書けますw
見る人が見れば偽物と分かる程度ですが。
んで、自分のサインは一部英語のサインから借用してたりしますw

>tamaさん

いいですよねぇ、展示会が開けるくらいありますし、見てるだけでテンション上がりますw

>小川師範の弟子さん

いつでも極真大好きですよ、小川先生w
こうしている今でも新しいレア物を探し求めていますw

>masaさん

これ、実態不明なんすよね、ビザ発行する時に便宜上作ったのかな、とも思ってますが。
  • Leo
  • 2015/03/05 10:17 PM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック