calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>

categories

無料
無料
無料






archives

大山倍達マニアック検定

【古書】「アメリカ海軍航空隊のボクシング講座」(1952年)

JUGEMテーマ:格闘技全般
 
 さて、昨日はワルプルギスの夜だった訳ですが、まぁ日本人には関係ありませんね。
 それにしてもすっかり暑くなって来ました。 朝晩はまだ肌寒い日もありますが、日中は東京で25度を超える日もあります。

 という事で今回はジョー小泉氏も名著として名を挙げる、1952年発行の「アメリカ海軍航空隊のボクシング講座」を紹介してみます。

ボクシング講座1952_1.jpg

 USネーヴァル・インスティテュート社が発行した同書を、拳闘社が許諾を得て出版したのが1952年の3月です。 よって、日本初のボクシング世界王者、白井義男氏もまだ全日本王者です。 当時の同社のスローガンが、

 世界選手権を日本人の手に!!

 となっている事からも、まだ戴冠前だというのが伺えますね。

白井義男.jpg
日本王者時代の白井義男

 では、まずは目次。

第1章 ボクシングの歴史
 ◆初期の歴史 ◆ギリシア時代のボクシング ◆中世紀のボクシング ◆イギリスに於けるボクシング ◆ボクシングを規制するルールの變還 ◆グローヴの時代 ◆アメリカに於けるボクシング ◆教育機關に於けるボクシング ◆ゴールデン・グローヴ

第2章 アメリカ海軍航空體育プログラムに於けるボクシングの位置
 ◆ボクシングはパワーを發達させる ◆ボクシングは共同動作を發達させる ◆ボクシングは知能を必要とする ◆ボクシングは壓追下に反撃する能力を要求する

第3章 ボクシングに於ける施設、装具及び安全について
 ◆施設ーボクシング・ルームー専用化されたボクシング・ルームーリングーバツグー運動具ー装具の組識

第4章 ボクシングを教える順序と方法
 ◆適正な指導順序 ◆ボクシングを教える方法 ◆クラスの組織と課程 ◆レツスン・プランのサムプル

第5章 ボクシングのコンデイシヨンニグ(※原文ママ)
 ◆心理学的コンデイシヨニング ◆生理的コンデイシヨニング ◆専門的トレーニング

第6章 ポジシヨン(姿勢) ムーヴメント(動作) 及びヒツテイング・パワー(打撃力)
 ◆オンガード・ポジション ◆フツトワーク ◆ヒツテイング・パワー(打撃力) ウエスト・ビヴオツト(腰部旋回)

第7章 ストレイト及びベント・アーム・ブロウ 並にテクニツクーレフト・リード
 ◆チンに左ジヤブーテクニツク ◆チンに左ジヤーブデフエンス ◆左ジヤブのデフエンス分析 ◆チンに左ジヤブーカウンター・アタツク ◆ボデイに左ジヤブーテクニツク ◆ボデイに左ジヤブーデフエンス ◆ボデイに左ジヤブーカウンター・アタツク ◆ボデイに左ジヤブーコンビネーション ◆チンに左フツクーテクニツク ◆チンに左フツクーデフエンス ◆チンに左フツクーカウンター・アタツク ◆チンに左フツクーコンビネーション ◆ボデイに左アツパーカツトーテクニツク ◆ボデイに左アツパーカツトーデフエンス ◆ボデイに左アツパーカツトーカウンター・アタツク ◆ボデイに左アツパーカツトーコンビネーション

ボクシング講座1952_2.jpg
リターンジャブからカウンターまで

第8章 ストレイト・ライトーベント・アーム・ブロウ並にテクニツク
 ◆チンにストレイト・ライトーテクニツク ◆チンにストレイト・ライト・デフエンス ◆チンにストレイト・ライトーカウンター・アタツク ◆チンにストレイト・ライトーコンビネーション ◆チンに右フツクーテクニツク ◆チンに右フツクーデフエンス ◆チンに右フツクーカウンター・アタツク ◆チンに右フツクーコンビネーション ◆ボデイにストレイト・ライトーテクニツク ◆ボデイにストレイト・ライトーデフエンス ◆ボデイにストレイト・ライトーカウンター・アタツク ◆ボデイにストレイト・ライトーコンビネーション ◆ボデイに右アツパーカツトーテクニツク ◆ボデイに右アツパーカツトーデフエンス ◆ボデイに右アツパーカツトーカウンター・アタツク ◆ボデイに右アツパーカツトーコンビネーション

ボクシング講座1952_3.jpg
コンビネーション

第9章 フェインテイング及びドローイング、クリンチング及インフアイテイング
 ◆フエインテイング ◆ドローイング ◆クリンチング ◆インフアイテイング

第10章 リング・サイエンス
 ◆リング・クラフトの分析 ◆リング・ジエネラルシツプの分析 ◆テイム・ストラテジイとハンドリング

第11章 マツス・ボクシング・ドリル(アメリカ海軍航空隊のボクシング教授要綱)

附録
 ◆アメリカ海軍航空隊のボクシング・レツスン・プラン ◆ボクシング語彙 ◆ハワイ・ボクシング・コミツシヨン・ルール(巻尾)

 目次であらかた分かるかと思いますが、単純な技術書では無く、トレーナー向けへの書でもあります。 そして52年出版(原著は49年らしい)でこれだけハイレベルの技術書があるというのは驚嘆に値しますね。 ジャブ1つとっても複数の種類を紹介しており、今でも通用するレベルだと思います。

ボクシング講座1952_4.jpg
クリンチの対処とインファイト

 巻末にはルールと詳細な規約が載っており、他にも契約の巻き方までと、この1冊があれば選手育成から興行まで、一通り出来るんじゃないでしょうか。 拳闘からボクシングへの発展期に、多くのボクシング関係者がこの本を読んでいたのかも知れません。


 つー事でボクシングのレア本を紹介してみました。 今回は目次が全てというか、あまり語る事は無いですw
 まぁ、他流ネタでプロレスが多かったので、バランス取ろうかと思ったのが今回の記事ですね。
 手抜き感ありありな記事ですが、たまにはこういうのも良いでしょうw
 それでは、また。

参考文献:
U.S.ネーヴァル・インステテュート刊行 アメリカ海軍航空隊 訓練要綱 ボクシング・テキスト 拳闘社 1952年
ボクシングは科学だ ジョー小泉著 ベースボール・マガジン社 1986年






東京・池袋の武道具専門店 ブドウショップ



フレッツ光で最大106,000円キャッシュバック実施中!





コメント
ボクシングも奥の深い格闘技ですよね マイクタイソンの動画(KOシーンをダイジェストしたもの)をよく見ているんですけど サバキや合気 交差法の動きがよくわかりますよ 相手との差がありすぎて手玉にとってるだけかもしれませんがwところでLeoさんはあしたのジョーは見られたのですか?よかったですよね ジョーが登場する冒頭のシーンで涙がでましたよ まさにボクシングはドラマだ でしたw  
  • tada
  • 2011/05/12 10:08 PM
>tadaさん
昔のタイソンは凄かったですね。ウェービングとダッキングをしながら這う様に突進して技を封じ、サイドステップした足を軸に振り抜くフックは強烈でした。
実写版の「あしたのジョー」は見ましたw 正直期待してなかったので、面白かったです。 私の場合は最初に見たのが力石以降のエピソードをアニメ化した「あしたのジョー2」だという世代ですので、リアルタイムの読者ほどの思い入れはありませんが、今回の実写版でも特に問題は無かったんじゃ無いかと思います。
  • Leo
  • 2011/05/14 5:53 PM
すごい
  • 赤城
  • 2011/08/07 9:18 PM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック